【仮想通貨ウォレット】知っておきたいセキュリティ対策のポイント

仮想通貨 ウォレットには2種類の保存形式があります。ひとつは手に入れた仮想通貨を物理的にネットワークから分離して保管することができるハードウェアウォレットです。このハードウェアウォレットはウォレットの中でも一番セキュリティが高いですが、誤った取り扱いをしてしまうと仮想通貨が消失してしまう可能性があります。特にハードウェアウォレットの購入先は必ず公式サイトから購入することを心がけることが重要です。一般的な通販サイトやオークションサイトなどで販売されている中古の商品は何らかの細工がされていることが多く、ウォレットに表示された仮想通貨の送金先が異なっていたりするなどの問題があるのです。保管したつもりが犯人のウォレットに送金してしまったなどという事故が発生してしまうことがあるので十分注意して必ず公式サイトから新品を購入するようにしましょう。またハードウェアウォレットの管理についても気をつけなければなりません。物理的に盗まれてしまうと仮想通貨が不正に利用されてしまう可能性があるだけでなく、水に浸かってしまうとショートしてしまったり本体に衝撃が加わると内部のパーツが故障してしまうことがあるのです。本体のセキュリティ設定も重要で、利用の際にはパスコードを入力するように設定しておかなければなりません。接続するパソコンも適切なセキュリティが確保できていることを確認した後に接続するようにしましょう。パソコンがマルウェアに感染してしまった場合はパソコンに表示されているウォレットの送金先を書き換えられてしまうことがあります。既にマルウェアに感染してしまったパソコンが表示する送金先を書き換えてしまったために仮想通貨が奪われてしまった事件が発生してしまっています。必ずハードウェアウォレットとパソコンに表示されている送金コードが一致していることを確認して実行するようにしなければならないのです。少額のテスト送金で異常がなくても高額の送金を行うとコードが変わることもあるので油断はできません。以上のことからハードウェアウォレットで保管する際のセキュリティ対策のポイントは、物理的に盗まれてしまうことがないようにするなどの徹底した管理に加え、適切な場所から購入することを心がけること、接続するパソコンの安全性を確認することなどが挙げられます。仮想通貨 ウォレットのふたつめはソフトウェアウォレットです。物理的にネットワークから分離できるハードウェアウォレットとは違い、ネットワークに接続されているのでセキュリティ上の問題がありますが、仮想通貨を実際に利用することが出来たりするなどの様々な機能が実行できます。仮想通貨の管理側が提供している公式のウォレットの他に、民間会社が作ったものや個人が開発したものなど豊富に用意されているのが特徴です。スマートフォンでも利用可能で既に実際に実店舗などで使用されているのです。ただしデメリットがあり民間会社が作ったものや個人で開発されたウォレットは脆弱性が存在しているだけでなく、悪意を持った会社や個人により仮想通貨が奪われてしまう事があるのです。実際に民間会社が開発したウォレットを活用した一般人のEthereumが社員に盗まれてしまうなどの事件が発生しました。安全性を意識したいのであれば、必ず公式のソフトウェアウォレットを活用することが重要です。仮想通貨の管理者や財団、発行元などによって異なりますが、個人や一般企業が開発したものと比べて開発に携わっている技術者の数や時間が圧倒的に違うので少なくとも脆弱性に関する問題はクリアされていると言えるでしょう。仮想通貨によってはソフトウェアウォレットが日本語化されているなどの対応も充実しているので非常に安心して利用することが出来ます。他に注意することはソフトウェアウォレットをインストールしているパソコンは仮想通貨を管理するための専用マシンとして運用することです。例えば仮想通貨を管理しているパソコンで海外サイトや闇サイトなどを閲覧しているとマルウェアに感染してしまうことがあるのです。マルウェアに感染してしまうとキーボードの入力を盗み取ってパスワードを解析したりソフトウェアウォレットの秘密鍵を不正に盗み出そうとするなど様々な問題が発生してしまいます。秘密鍵は全ての権限を保有している機密情報なので絶対に奪われてはいけません。全ての権限が奪われてしまわないためにも、ソフトウェアウォレットをインストールしたパソコンの取り扱いに注意しなければならないのです。以上のことからソフトウェアウォレットを使用する際のセキュリティ対策のポイントは公式のソフトウェアウォレットをインストールすることと、インストールしたパソコンで不正なサイトを閲覧しないことが重要です。もちろん接続するUSBメモリなどにも十分注意して適切に運用しましょう。